CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
誰も知らない病気
 最近、躁と鬱はよく聞くようになったけれど、
病気のこと事体はまだ誰も知っているない病気だと思う。

私は今まで、躁病と鬱病がこんなに大変な事だとおもわなかった。
もちろん「俺、ちょっと鬱かも」という感じで、デパス飲んでOKという軽い症状もあるのだが、
症状のことは誰も全然知っていないのだ。

 気持ちがふさぎ込んで落ち込んで、マイナス思考になる。
とだけ思っていた。
だが、実際は、妄想が続いたり、鬱にもパターンがあって
父のように金に執着するような場合もある。

 だからって、病気だとわかっていても
どうしてわりきれる?
私はまだそこまで、気持ちの整理ができていない。
他人だったら、それこそ、友達とか親戚とか直接関係ない人なら
平気だったと思う。
だけれど、どうしても私情が入ってしまう。
『同情』なんて見下した気持ちがこれっぽっちも生まれない。

 少しも面影のない父。
変わってしまった父。
それでも父にはかわりない父。

どうしてなんだろう。

私が医者だったら、助けてあげることができるのに。

医学がどんなに進歩したって、
どうしてなるかという明確な答えなんてまだない。
一発できく薬なんてものもない。
| 鬱病 | 18:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
精神の病気
精神の病気で驚いたことは、子供のようになってしまうこと。
落ち着きがないのはもちろんだが、いくらでもあるだけ物を食べるし、足元も覚束ない。
また、言葉もどもってしまうし、食べるときにボロボロとこぼす。
お母さんがいないとすごく探すし、いつもと違うから調子が狂ってしまう。
でも、今はどんなのがいつもの父だったのかということがわすれかけている。
| 鬱病 | 22:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |