CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
修学旅行
 最近、弟は修学旅行が近いためか、はりきって学校に言っている。
一切だるいとかなんとか抜かさない。もちろん留年するかどうかの
瀬戸際だということもあるのだと思う。
 行動班ではおれがしきれるとか、
クラスの嫌われ者の相手が俺にまわってくるとか、
先生がどうのこうのって。

 自分の状況がとても悪い状態なのに、
体育教師に歯向かう人間がどこにいる?
媚のひとつでもうるわけでもない。
それに担任の先生は私も教わった事がある先生だが、
話し方がとてもむかつくが、とても良い先生で面倒見も良い。
 先生は質問されるとすごく喜ぶ。
先生にたいしてわからないところを質問すれば良いのに、
あいつの説明はわからないとかなんだとか理由をくっつけて、
その癖、どうでもいいことで媚びたり、
選抜クラスからおとされないかどうか真剣に考え、
かつ担任の先生にモーションかければ、同情でおとされないと
本気で思っているらしい。
 世の中そんな甘くないから。
| | 18:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
母への暴力
 これって俗に言うDVのお悩みパターンではないかと最近考えている。
暴力を振るうけれど、それ以外のときは普通っぽいみたいで、だから言うに言えないみたいな。

 また、今日弟が弟2をからかったりまぁいじめていたんだと思う。
2にパンチをくらし、泣かしたのさ。
だから母が暴力はダメだと言った。
弟は狂ったように母を殴り、蹴りを入れ飛び跳ねていた。
我が家の母は強い。そんなことでは絶対に負けないわけで
(プライド高いし、負けず嫌いだし)
パンチや平手打ちをバシバシくらしていた。

まるで戦場

とはいえ、母は…
続きを読む >>
| | 16:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
弟の暴言
弟の暴言は前からひどかった。
感情の一部が欠落しているのではという錯覚に陥る。

 弟はその下の弟にちょっかいをかけ、泣かしてしまった。
母が怒り、父が怒った。
やっと父、元気になってきたのよ?あと少しで治るのよ?

弟「精神病のくせに!!さっさと会社に行きやがれ!」

 誰に対するセリフですか?
誰の給料で生活しているんですか?
誰のせいでこうなったんですか?

 全部弟が悪い。そういいたくもなってくる。
だいたい学校を半年も休んでおいて、今もしょっちゅう休み、休んだら留年という教科もある弟がよ?一日中寝ていて、文句ばかり言う弟がよ?働いていもいない、家のことを手伝わない弟がよ?

 なんでお父さんにそういうことを言えるの?言うの?
お父さんは一生懸命働いてた。みんなを大学に行かせるための学費をせっせと貯めて、無駄遣いはしないし我が家だってローン無しでキャッシュで支払ったし、母と結婚する前には別の家だって建てていたのよ。今の生活はギリギリでも、決して不自由はしない。
 
 弟のせいだ。誰よりも可愛がられていたくせに。
あなたがいたからうちがダメになるんじゃない。
あんたが休まなければ、お父さんだって落ち込まずに悩まずにすんだ。
あんたがお父さんを精神病だというのなら、あなたも精神病…いやキチガイだ。
| | 15:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
無視
 あれから私は徹底的に弟を無視している。
顔をあわすだけで吐き気がする。胃も痛くなる。むかつくことばかりだ。
イライライライラ。
ほとんどは無視している。そのことがわかるのか、気を使っているらしい。
いまさら気を使われたって遅い。
 弟がいなければいい。どんどんどんどんそう考えてしまう。
一言一個とにむかついてしかたがない。
| | 13:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
母の苦労
 弟が学校に行かない。正確には、治りかけていた鬱がぶりかえしたせいか、理由をああだこうだつけて行こうとしない。弟の単位はかなり危ない。保健にかぎったら、もうないので、一度でも休んでしまったら留年となる。
 弟は気が小さい。だから、もし万一、留年となった場合、もう二度と立ちあがれないだろうということは、今までの生活や経験、性格からわかることだ。だが弟は、自分の事で精一杯なのだろうが、少しもわかってはいない。本当に鬱なのかと考えてしまうときがある。だって、家族に対して悪戯は半端なくすごいし、よく話したり「好きな事」に限っては異常なほどくらいつく。またその反面暴力もすごい。
 弟が行かないことで、朝もめた。お母さんも父のことでもすごく精神的に疲れていて、ついに怒りが爆発した状態だった。なのに、お父さんもみんな自分勝手過ぎる。弟は、弟2の買ってきたマンガを見せろと暴れ出す。私の部屋を荒らし、テキストをぐちゃぐちゃにし・・・。弟はいままで弟2をさんざん苛めてきたし、自分の買ってきた本をタダで見せると言う事もなく、すごかった。だから弟2との約束の為に隠しつづけたが、すると私に対し暴力をふってきた。カカト落としまでする始末。それを母が諌めるが聴く耳をもたない。
 私も怒りがジワジワ。すきをみて、顔面をどついてやった。
弟は狂ったように私にパンチを蹴りをに狙ってくる。私はそれ以上は殴りはしないが、暴力には屈したくない。だから私はこのまま口で対抗するつもりだった。だが、7割型回復した父が押さえに入り、母はやめろと言う。弟は泣きじゃくっていた。私は思ってしまった。コイツはキチガイだと。弟に対して、私は、もう弟としてみることができない、この子のお姉さんという自信は全然なくなってしまった。
「お前なんかがいなければいい」
「お前のせいでお父さんはこうなったんだ」
「お前がこの家をダメにしてるんだ」

ありったけの気持ちをこめて言った。
思わずでもない。本気でもある。言葉にし難い私の気持ちだ。
| | 19:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |