CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 誰にも知られたくない | main | 早く嫁に貰われろ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
鬱による自殺願望
 鬱状態にある場合、かなり判断力が落ちている。
また治りかけが危なく、また弾みでドボンといくかもしれない。

車の運転はまだ危険で、(以前の記事のように能力が低下)、
免許証も母が預かっている。
車の鍵は持っているべきだと主張したが、
母曰く、会社に行くこともあり、鍵は渡すしかない(ロッカーのため)と。
それは良い訳だと思う。
本当に考えるなら、車の鍵だけを預かるべきだと私は思う。
だが母は自分の否は認めず肯定に持ち込む人間なので、それ以上は言わない。
人を殺めた後では遅いのだ。もし人をひき殺していたら?
父一人が勝手に自爆して死ぬならもう何も言うことはないが、
勝手に人を巻き込むのだけはやめてほしい。
 その人の家族がどんな気持ちになると思う?

 帰ってきたが、やはり海岸道路を走っていたようだ。
本人は車の練習だとかほざく。
免許証を持っていないでしょう?と母が言っても
本人は聞いていない。父にしてみればどうでもいいのだ。
免許証が必要だと言うことですら分からなくなっているのだから。
 私が想像していた通り、やはり昨日も誰もいないときに車の運転をしていた。
と父が言った。下手な嘘はすぐわかる。父は嘘はつけない。
死に場所を探していたのだ。
もう一度逝けるか。
でも無理だった。怖いから。死と考えても実行にはなかなか移せないのだ。

 母がいなくなるのを見計らってから動くのだ。
かならず。
人がいないのを見計らっていつもなにかをやらかすのだ。

 2度目はない。
もしこのまま続くのであれば、
私たち、母と子供はあなたを捨てます。
もらうものはもらい、わたしたちの人生を歩みます。
だからあなたも勝手に好きなことをやってください。
もう、振りかえることもしません。
覚悟していてください。
| 日常 | 16:50 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 16:50 | - | - |
コメント
果樹さん、こちらでははじめまして。キヌガサでお世話になっています。

人が居ないとき、っていうのは分かる気がします。ひとりぽっちになると急に不安になるんですよね。ココロにぽっかり穴が開いたような・・・。このまま仕事もできなくなってお金も無くなって・・・と病気のときは私も考えました。
でも、今は普通に働いて生活ができています。

まだ、病気の治療を始めて5ヶ月も経っていませんよね・・・。もうちょっと、おおらかに見て欲しいと思いました(家族ではないので言えることかもしれませんが・・・)。

あと、完全復活じゃないから誰にも見せたくないという気持ちも分かります。でも、私の経験上、病気のときはもう自分は完全ではないんだ(つまり役に立たない、いらない人間だ)・・・と思い込む節がありますので、世間から隠されたりしたら、自分はダメなんだ・・・って・・・。

お父様の場合はどうなのか分かりませんが、入院してココロに落ち着きを取り戻すのも1つの手だと思います。

長々と失礼しました。お父様の病気が寛解しますように。そして果樹さんに平穏な生活がやってきますように。

↓参考になるかどうか分かりませんが・・・
http://www.so-net.ne.jp/vivre/kokoro/

| ちゃぱ | 2004/11/03 3:40 AM |
こんにちわ。コメントどうもありがとうございます。
ちゃぱさんは、「おおらかに…」と書かれていますが、家族だからこそこう思うのです。
家族でなければ私もそう思っていたと思います。
家族であるからお互いに文句をいいますし、そうやって支えあっているのです。
 いつもいつも24時間一緒にいると、こちらが発狂します。
最初の1ヶ月は大丈夫なのです。それをたつと今までの疲れが一気にきます。全てに嫌気がしてきます。でもそれでも家族だからいるんです。
この「おかしくなりそう」な感覚は、表現することはできないのですが、本人の前で気が狂いそうなんて言えませんから、必然的にどこかはけ口が必要になるのです。
とこれは家族の立場からです。
 推測でしかありませんが、本人には本人の、家族には家族の比べようのない辛さがあるのだと思います。
この辺はhttp://www.yomiuri.co.jp/komachi/reader/200402/2004022300094.htmここに書かれている内容とお、同じではありませんが似ているようなきがします。

 入院をさせることはできません。というのは、転落後に医者の診察で叔父が「入院させては?」と聞きましたが、精神の病気は隔離病棟にあり、鉄格子、鍵などがついている病棟です。見学してもいいですが、とてもオススメはできませんし、家にいることが一番だとのことです。
つまり病院には、凶器を持って暴れる方、放浪癖がある方、叫びつづける方、いろいろな方がいてとても落ちつく場所ではなく、逆に父がますますおかしくなります。
  本人も、「ここへ来たらそれは死刑宣告だ」「医者は俺に死ねという」などと言いますし、医者と話すとスッキリするしいいが病棟に行くことには抵抗があるようで。

鬱病関連のサイトをまわっているのですが、
そのサイトは知りませんでした。
参考になります。ありがとうございます。 
| 果樹園 | 2004/11/03 11:30 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kadyu.jugem.cc/trackback/59
トラックバック