CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 正直な話 | main | 注意書き追記 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
給料なし
 病院へ行ってきたはいいものの、本人は1ヶ月休職するだのいいだした。
つまり3年間、会社を休みつづけて退職するつもりらしい。
父が診断書は毎月出さなければいけないと、阿呆なことをぬかしたから、2000円支払って書いてもらった。
もちろんもう会社に行くことはできるので、
診断書には、1ヶ月休職する、しかし本人が回復しいけるようであればいつでも復帰できるというようなことを書いてもらった。
つまりはどっちつかずで、本人次第であるということだ。
 この辺で父の思惑が外れていくんだな。
 会社では診断書はもう必要ないとのこと。
つまり、父は会社を休みたいからなんでもいいから理由になりそうなものが欲しかったのだ。
だが、結局、イイワケをタラタラ話していたが、
看護婦の方、人事課の方、上司に上手く持ち上げられ、(母もね)
結局来るという方向になった。通常勤務に。
 本人は1ヶ月だのなんだのしつこいから、看護婦が「間をとって1週間にしましょう。」と言った。それでももめて。母が「じゃあ間をとって3日間にしましょう。」といい、結局父は3日休んで、とりあえず会社に復帰。
さっさと会社にいってくれという感じだ。
 手続きの都合上、欠勤すると(今からでは遅いので)12月の給料は入ってこない(給料の8割)。正月をどう過せというのだ?
せっかく会社に行き始めたのに、やっとこさ4時間会社にいれるようになったのに、休まれたらまた一からやり直しどころか、一生会社に行かないじゃない!
 辛かろうがなんだろうが、続けることが大事。家にいたら余計体力落ちて、ネタきりになってしまうわ。
ボタンおすのが怖いとかグジグジ言っているから、上司にお願いして父にでもできる仕事を考えてきてくれるとのこと。
ほんと、会社の方々には迷惑をかけている。みんな遊びでもボランティアでもないのに。

 そもそそも、ただでさえ、ボーナス入ってこないんだから(父のせいで)
辛くても行けという話。
ここで、反論は受けつけません。
世界中に病気で苦しんでいる人がいて、放射線治療で苦しい思いをして生活をしている人もいますし、飢餓で死にそうな人もいます。心臓や脳の手術で生死をさまよっている人がいます。

鬱の人だけがくるしいんじゃないんです。

 そして、給料は父が働いたのだから、父のもので余計な口出しをするな、食わせてやっているんだからとかいう人もいますがそれも論外です。
母は炊事・家事等家の事をすべてやっていて、家を守っているわけです。
正当な給料です。
 子供?子供だから口出しするなとかいわない。
親には子供を育てる義務があります。
それができないというのであれば、児童相談所でもなんでも預けやがれっての。
子供は子供で、今やるべきことをやっているんですから。
 だいたい、子供に働いて5人分の生活費を入れろという方がおかしいです。
なんで、なんにもしない人の為に働ける?
今まで働いてきたから、やってあげましょうなんてそんな生ぬるい事は私は言えません。
だれもが対等です。

 そして、現実問題、本当に差別がないと思いますか?
現実は違います。
感染はしなくても、とある病気の患者の宿泊を断ったという事件もありますよね。
一度、精神の病気をして入院した人をどのような目で人がみるのかわかるでしょうか。
私自身、もうこんな思いをするのはいやです。
家族にそういう人がいるならば、私はその人と結婚は絶対にしないでしょう。
家族になれば世話しなければいけないでしょう?
金がなければ入院させることも、施設にお願いする事もむりです。

冷静になれるくらいなら、ストレスを貯めて
吐き出すためにここに記録をすることはないでしょう。
| 日常 | 10:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 10:42 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kadyu.jugem.cc/trackback/66
トラックバック